千葉県警に13発撃たれた“紀州犬”の性格は?ドラマ「炎の犬」で確認!

この記事は3分で読めます

kisyuu
千葉県警に13発撃たれた“紀州犬”の性格は?ドラマ「炎の犬」で確認!

 

こんにちは!こんばんは!

今日は、こんなお話です。

 

1.紀州犬が人を襲って、警官が処分

   ↓

2.(紀州犬って、そんな凶暴な犬だっけ?)と、

  紀州犬の性格を知りたくなった。

   ↓

3.「紀州犬」と言えば、昔の人気ドラマ、

 『炎の犬』を思い出した。

 

・・・と、まるで連想ゲームのような流れです(笑)
それでは早速、本日の衝撃的なニュースから・・・

 

 紀州犬 VS 3名の警察官!!!

 

「人を襲った紀州犬が
千葉県警の警察官3名に
13弾の発砲を受けて
処分された。」

 

本日、耳に飛び込んできたニュース!
もう、ビックリしましたよ!
だって、

「13発も撃たれた!?」

 

まるでライオンかトラにでも
襲われたようなニュースですよね。
でも、

●23歳の女性が噛まれた
●13日に10代男性も噛まれていた
●おまわりさんが駆けつけた時、
飼い主(71歳)に馬乗りになって襲いかかっていた。

 

そこで、警官が何とかしようとしたものの、

 

●今度は警官を襲ってきた
●おまわりさん、威嚇のため発砲
●更に襲ってきたため、おまわりさん3人で発砲
●紀州犬、13発目で倒れる。

 

・・・という流れだったそうです。

 

紀州犬は「ミリオン」という
7歳のオス犬

●身長120cm
●体重21Kg

・・・大きいですね(・_・;)

 

何がショックだったかと言うと、

「ええっ!?紀州犬!?

土佐犬じゃなくて?」

ってこと。

 

よく、

「犬が人襲った」というニュースは、

かなりの高確率で土佐犬・・・な気がします。

 

ところが今回、まさかの紀州犬!

そこで思ったのが、

(紀州犬って、温厚なイメージがあるけれど、

私の認識が違ってた?)

 

では、紀州犬の性格とは???

PR


 

 紀州犬って、どんな性格?

 優れた犬は1頭でもイノシシを倒すと言われるほどの勇猛さで知られ、気性は荒い傾向がある。

そのため躾けを怠って野放しにすると非常に攻撃的な性格になり、(特に家族以外の)人間や犬に噛みつく危険性がある。

しかし、きちんと躾を施せば優秀な家庭犬になり、小さな子供のいる家庭でも問題なく飼育できる。

日本土着犬の一般的特性として、主人に忠実でよそ者を警戒する性質を持つため、番犬に適している。

但し、大型動物狩猟犬としての特性上、無駄吠えが少ないため、威嚇よりも撃退向きである。

自分や家族に害を及ぼす相手に対しては、一切容赦せず強靭な顎で食らいつく。(Wikiより)

 

そうなんですね!

紀州犬って、気が荒いんですね!

「しつけを怠った」んですね!

 

でも、紀州犬が気が荒いなんて・・・

ちょっとショックです。

 

わたしの“紀州犬”に対する認識は、

子供の頃に観た、このドラマから

来ていると思います ↓

PR


 

 紀州犬が主役のドラマ『炎の犬』

『炎の犬』って、

むか~し放送されていたドラマです。

紀州犬の母犬と子犬を中心とした、

その飼主一家の物語。

 

紀州犬の子犬“リュウ”は

雪山で母犬や飼い主一家とはぐれてしまいます。

 

その“リュウ”の子犬時代のかわいいこと!

(大人になってからは、

ビジュアルが著しく落ちます。)

 

【↓こちらがオープニングの動画です。】

 

私の紀州犬に認識って、

やっぱ「炎の犬」のラン(母犬)とリュウ(子犬)

なんですよね。

 

 

今回のニュースで、紀州犬が危険な犬だと

思われませんように。。。

※アイキャッチ画像引用元(志村動物園より)

PR


  • 2015 09.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. kisyu
  2. han
  3. kujira
  4. siba
  5. fa
  6. ra-men

おすすめカテゴリー記事

  1. gon
  2. ra-men
  3. DSC_3104
  4. tyuu
  5. juani