【夏目鈴】売名行為の噂とは?大野くんとの熱愛バラしたかった?

この記事は3分で読めます

oono
【夏目鈴】売名行為の噂とは?大野くんとの熱愛バラしたかった?

 

こんにちは!こんばんは!

明日からの「嵐」のコンサートで、
私の地元は大騒ぎです。

(ちなみに宮城県在住で、
会場の近くに住んでいます。)

 

もう、我が家の空き部屋を
宿泊施設に変えたら儲かるんじゃ・・・

というぐらいの経済効果(?)です。

 

そんな最中、出ましたね!

 

大野智くんの熱愛報道!!!

 

「フライデー」とか

「相手は元女優」とか

「東京ROOSTの店員」とか

「ライフの宇田里絵 役」とか

「リアル鬼ごっこ5に出演していた」とか

 

そんなことは、既に出尽くしているので、

別の方向に焦点を当てて、

この熱愛情報を、

ぐいぐいと探ってみたいと思います。

PR


 

 嵐・大野智くんの熱愛の相手、夏目鈴の黒い噂

今回、大野くんの熱愛・同棲相手として

報じられた夏目鈴さん。

 

●生年月日 1991年3月13日の24歳
●血液型 AB型
●身長 169 cm
●体重 49 kg

 

報道されている通り、

身長約170cmのスレンダー美女です。

そして、女優業だけでは生活が成り立たず、

「東京ROOSTの店員」として働いている

・・・というのも、報道通りのようです。

 

ところが!!!

 

多少黒い噂が・・・!!!

 

2014年1月、

「売名行為」

で話題になっているのです。

 

PR


 

 夏目鈴の売名行為の噂とは?

2014年1月14日の深夜に放送された

『今夜くらべてみました』(日本テレビ系列)に

西麻布のバー「東京ROOST」に勤務する一般人として、

夏目鈴さんは、テレビ出演しています。

 

どうやら、

矢口真里さんの元夫・中村昌也さんの

「気になっている人」

として紹介されたそうです。

 

「東京ROOST」の常連客である中村昌也さんは、

「きれいな人だなぁ・・・」と

注目していたそうです。

 

ところが、この番組を観ていた視聴者さんから、

「見たことがある娘!」

「ライフに出ていたよね?」

「学校じゃ教えられないの子じゃない!?」

「ヤンキーくんとメガネちゃんの娘だろ?」

という声がひっきりなしに上がってきたせいか、

「一般人じゃないじゃん!

売名行為だ!」

と言われてしまったようです。

 

どうやらこの頃は、

女優業を辞めていたようですが、

やはり“元女優”は、

一般人のカテゴリーには入らないのかも

知れないですね。

 

あ、『ライフ』というのは、

北乃きいちゃん主演のドラマです。

raif

※画像クリックでAmazonの紹介ページが開きます。

 

学校での「いじめ」に立ち向かう少女を「きい」ちゃんが

演じていて、鈴さんは、「いじめ」主犯格の取り巻き役でした。

 

 大野智くんの熱愛をバラしたかった形跡が!?

実は夏目鈴さんは、大野くんとの交際を、

● 自慢したかった。

● 広めたかった

そういう様子が見て取れる状態だったと

言われています。

 

その根拠として、

 

● 「大野くんと気が合う」と知人にノロけていた。

 

●「彼のためにホームベーカリーでパンを焼いた」とか、

「釣りに連れていってもらった」など、

Twitter、ブログなどに、

大野くんとの交際を匂わせる記事が、

たびたび掲載されいていた。

 

●通常では入手できないような、

大野くんの個展の非売品ポスターが、

夏目さんのインスタグラムに写っていた。

 

● バイト生活だったはずなのに、

豪華タワーマンションでの生活や、

エステ・美容室・ネイルサロン通いなどを

ブログに書いていた。

 

これらが本当だとすると、

大野くんのファンの怒りが目に見えるよう・・・。

 

確かに、相手が超ビッグな人物なので、

「自慢したくてウズウズ」するのもわかりますが、

その相手が、

 

国人的アイドル「嵐」のリーダー

大野智くん

 

となれば、大野くんの立場を考えて、

もうちょっと慎重になるべきですね!

 

これから大変だろうな・・・この子(*_*)

 

PR


  • 2015 09.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. tuge2
  2. img
  3. akb
  4. ar1
  5. miyasuta
  6. tamo

おすすめカテゴリー記事

  1. gon
  2. ra-men
  3. DSC_3104
  4. tyuu
  5. juani